So-net無料ブログ作成

キャロル [映画【か行】]

poster2 (1).jpg

本年度アカデミー賞ノミネート作品が続きます。

ケイト・ブランシェットが主演女優賞、ルーニー・マーラが助演女優賞でアカデミー賞ノミネートされてます。
もしかすると女優賞のダブル受賞もあるかもしれません。
演技派女優の美女二人が静かに火花を散らす、大人の映画です。

禁断の同性愛をテーマにしたストーリーなので、好き嫌いが分かれるところです。
原作は「太陽がいっぱい」などで知られるアメリカの女流作家、パトリシア・ハイスミスが1952年に発表したベストセラー小説。

当時アメリカでクレア・モーガンという別名で発表されましたが、昨年の2015年、この映画に併せてパトリシア・ハイスミスの名義で日本でも刊行されたようです。
別名たったのは同性愛が法律で禁止されていた時代での発表だったからでしょうか。
しかしながらアメリカでは100万部を超える大ベストセラーだったとのことです。

in_main1_large.jpg 

「まるで天使。貴女は天から落ちてきた天使。」
この言葉を恋人のリチャードが先に言ってたら?

それでもテレーズ(ルーニー・マーラ)はキャロル(ケイト・ブランシェット)にひと目で恋に落ちたんでしょう。
じりじりと熱い視線が二人の間で行ったり来たり。

in_sub4_large.jpg 

1952年、ニューヨーク。
カメラマンになることを夢見てデパートで臨時社員として働くテレーズ。

そこで娘のクリスマスプレゼントを買いに来たキャロルと出会います。
金髪の美しい髪、毛皮のコート、皮の手袋、香水の香り。
自分とは正反対のキャロルの完璧さに釘付けになるテレーズ。
キャロルの忘れ物を届けたことが縁でそのお礼にとランチに誘われてしまいます。

手袋を忘れたのはわざとだったのでしょうか。
それから何度もテレーズに「会いましょう」と誘うキャロル。

キャロルは裕福な夫と離婚訴訟中で、幼い娘の親権を争っていました。
夫の不満はキャロルが幼馴染の女友達と不適切な関係を持っているのではないかという疑惑。

キャロルが夫と言い争う姿を目の前にしても、キャロルに強く惹かれる続けるテレーズ。
恋人リチャードと喧嘩してまでキャロルとの小旅行に出かけてしまうのです。

テレーズはそれまで自分が何かを決めるということが苦手。
相手に合せて返事をすることが多いのですが、それも若さなんでしょう。

でも、キャロルとの恋愛は彼女の親権問題でのいざこざで旅の途中で一方的に別れを告げられてしまうのです。

in_sub2_large.jpg 

キャロルとの辛い別れを経て、念願の新聞社で働く自分の考えで動ける女性になっていたテレーズ。
このあとふたりはどうなっていくのでしょう。
テレーズ、ダメよ、引き返して、とラストまでドキドキが止まらない心理劇。
最初のシーンに話は戻り、テレーズが選ぶ運命は・・・。   ★★★★

監督はトッド・ヘインズ。
アカデミー賞は脚色賞、撮影賞、衣装デザイン賞、作曲賞にもノミネート。
50年代の衣装や風景はかつて日本人が憧れたであろうアメリカの豊かさと美しさを見事に再現しています。


nice!(11)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 14

のらん

予告編を観ただけですが、ケイト・ブランシェットの、
妖艶(?)なオーラに惹きつけられました。
女性同士であっても、結ばれた赤い糸って、引き合っちゃうのね♡
ラストまでドキドキ? 禁断の、オトナの香りだわ♡
by のらん (2016-02-27 05:53) 

non_0101

美しい映画でしたね~
最初のキャストはテレーズ役はミア・ワシコウスカだったようですけど
後にルーニー・マーラになったそうです。
この作品ではルーニーで合っていたかも知れませんね。
ぜひ、アカデミー賞獲って欲しいです☆
by non_0101 (2016-02-28 11:14) 

キキ

のらんさん、こんにちは。
ケイトはなんていったってエリザベス王もエルフの女神も演じちゃいますからね。
若さのルーニーもお美しいのです。
衣装がまた素敵でした。
今日のアカデミー賞授賞式では残念でしたけど。

by キキ (2016-02-29 21:05) 

キキ

non_0101さん、こんにちは。
そうなんですか。ミア・ワシコウスカだったんですね。
そうそう、nonさんは生ケイトご覧になられたんですよね。
うらやましい限りです。
アカデミー賞は残念でした。
by キキ (2016-02-29 21:08) 

coco030705

こんばんは。
観ました!ケイト・ブランシェットの美しさにホレボレしました。ルーニー・マーラーもかわいかったわね。またレビューをアップしますね。
You Tubeで授賞式での女優さんのドレス姿を特集してたんですが、ケイトの衣装はとても上品で淡いブルーの素敵なドレスでしたね。反対にルーニー・マーラーのは、ほとんどシースルーっぽいレースのドレスで、お腹の真ん中にひし形の穴があいていて、前は足の付け根までスリット入り!この映画のテレーズとは正反対の性格って感じですね。面白い女優さんだなと思いました。
by coco030705 (2016-03-02 18:27) 

キキ

makimakiさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。
by キキ (2016-03-03 20:41) 

キキ

taa0044さん、こんにちは。
niceをありがとうございました
by キキ (2016-03-03 20:42) 

キキ

palpalさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。
by キキ (2016-03-03 20:42) 

キキ

あゆこさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。

by キキ (2016-03-03 20:43) 

キキ

ba42381さん、こんにちは。
niceをありがとうございました。


by キキ (2016-03-03 20:44) 

キキ

Ujiki.oOさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。

by キキ (2016-03-03 20:45) 

キキ

月夜のうずのしゅげさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。

by キキ (2016-03-03 20:46) 

キキ

ネオ・アッキーさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。


by キキ (2016-03-03 20:47) 

キキ

coco030705さん、こんにちは。
授賞式でのケイトの青いドレス、綺麗でしたね。
白い肌と金髪によく似合っていました。
衣装賞のプレゼンターも適役でした。
この映画は5部門ノミネートで受賞は逃しましたけど
美しい映画でした。
by キキ (2016-03-03 21:12) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。