So-net無料ブログ作成

勝手にふるえてろ [映画【か行】]

6b7f1d5bd57d433b.jpg


久しぶりに邦画を観てきました。
大変評判がいい映画ですよね。
映画館のパンフもこの映画だけは売り切れていました。


こじらせ女子っていうのはこの主人公のヨシカみたいな女の子を言うのかな。
内容にやや触れてますのでこれからの方は読まないでね。
芥川賞作家・綿矢りさの同名小説の映画化です。 


640 (9).jpg



東京で働くОL、雪国出身の24歳、B型、彼氏無しのヨシカはある日会社の同期の営業課「二」に交際を申し込まれる。
地味で引っ込み思案の彼女はいままで誰とも付き合ったことがなく、中学生時代から10年間同級生の「一」に脳内で片思い中。それは大事件だった。

それでも同僚のくるみに相談しつつ「二」と付き合おうかなと思い始めているのだが。
しかし、どうしてもどうしても「一」のことが諦めきれない。
自宅アパートでボヤを起こしてしまったのがきっかけで「死ぬ前にもう一度「一」に会いたい!」と他人の名前を借りて中学の同窓会を開催することに。
やっとの思いで10年間妄想でしか会っていなかった「一」とついに再会を果たすのだった。


640 (7).jpg


主演の松岡茉優さんって初めて映画で観ましたが可愛いですね。


後半想像以上にヨシカは妄想が炸裂する毎日を送っていたことがわかってきます。
学生の時の引っ込み思案が大人になったからってなおってるはずはないですものね。


「二」に告白されたことでちょこっと自信がついたのか、中学生の時は眼も合わせられなかった憧れの王子「一」にあわや告白するの?と頑張るんだけど、彼はヨシカの名前すら覚えていなかったことを知りそのショックでまた自信のない女の子に戻っちゃうの。


そして「二」には今まで誰とも付き合ったことがなかったということを知られてプライドが傷ついてしまう。
会社を休んで引きこもるけど会社に出した休暇願いが産休届ってアリ?


めちゃくちゃだけどそんなヨシカの行動に共感する女子も多いかもね。
逆に男子はこんな女は面倒くさいと引いちゃうのかな。


640 (8).jpg


絶滅危惧種が大好きでアンモナイトの化石に話しかけるのは不器用で絶滅してしまった動物たちに自分を重ねているから。
不器用な私の恋も絶滅した方がいいですか?と歌い出すヨシカ。


ラストのタイトル「勝手にふるえてろ」は自分に?「二」に?
現実から逃げてばかりの主人公が現実に向き合っていくっていうのでハッピーエンド。
10年の片思いより、今支えてくれる心強い味方を手放すのはもったいないよね。


監督は大九明子。細かい女心がわかってると思ったら女性の監督さんでした。



nice!(9) 
共通テーマ:映画

バーフバリ 王の凱旋 [映画【は行】]

c74154050ffaf8b1.jpg


今年はどうしても観たかったこのインド映画でスタート!


『バーフバリ 王の凱旋』は2部作の後編。
インドでNO.1の興行成績となった大ヒット映画『バーフバリ 伝説誕生』の続編です。


しまった、前編を観ていないぞ…でも大丈夫。
私も観ていなかったけど、前編を5分で振り返るおさらいが流れるので安心ですよ。
(この一番最後に画像張りました)
でもレンタル等で予習していたらさらに楽しめそうですね。


640.jpg


いろんな意味で濃すぎ!


ストーリーをとても簡単にいうと…遠い昔のインド・マヒシュマティ王国。
辺境の村で育った青年シヴドゥ(プラバース)は、偶然知り合った者たちに自分と本当の両親の過去を聞かされます。
実はシヴドゥは王子マヘンドラ・バーフバリであり、25年前から今も幽閉されている母がいること。


幽閉しているのは現王の暴君バラーラデーバ(ラーナ・ダッグバーティ)。


そしてバラーラデーバはシヴドゥの父であるアマレンドラ・バーフバリを殺していました。


バラーラディーバとアマレンドラは兄弟で、どちらかが次期の王位につくこととなっていたのですが国母が指名したのは弟アマレンドラの方。
怒りに燃えた兄バラーラディーバが策略をめぐらし弟も国母も殺していました。


その後、王となったバラーラディーバは悪政を続けています。
そんなバラーラディーバを倒すため、シヴドゥはバーフバリとなって立ち上がる!
父の敵を討ち王国を取り戻すために。
戦士バーフバリはバラーラディーバに挑んでいくのです…が、それはラスト30分。(笑)


じゃその前の2時間は何なのかというと偉大なる父のアマレンドラ・バーフバリ(プラバース=2役)のお話なんです。


640 (1).jpg


そしてこのお父さんったら超人です。
これ本当に人間の話よね?どんだけ力が強いのってくらい超人です。


お父さんに限らず叔父さんも、家来でさえも超人なんですけど、このくらいみなさんが破壊的に潔く強いともう、超人対超人の強烈なアクションを堪能するしかありません。


しかもカッコよく決めポーズの時はスローモーションでカメラ目線。
髪はどこからか吹いてくる風になびかせるのが当たり前です。


ヤシの木をバネに敵の城の壁を飛び越えては戦い3本の矢を同時に放ちながら戦う姿には、突っ込みどころも吹き飛ばして次はどんな技を見せてくれるのかという期待で怒涛の2時間半はあっという間に過ぎていきます。


640 (2).jpg


戦いのシーンも多いのですが、途中アマレンドラと小国の王女デーバセーナ(アヌシュカ・シェッティ)との恋話もあり、ふたりはスワンの白い帆船で空を飛びながら「たとえ地の果てでも一緒に行きましょう」と歌い踊る4分間のミュージカルシーンも見どころのひとつです。


640 (3).jpg


とにかく観てみて。しばらくは夢に出てきそうな映像ばかりですよ。
でも大阪だと「なんばパークスシネマ」のみの上映でそれも1日1回。
上映館が少なすぎです。
親子3代に渡る壮大なドラマ、お近くで上映してたら是非観てね。


監督は前作と同じS・S・ラージャマウリ。


  ◆本作の予告です。





  ◆そして後編の最初に流れる前作のダイジェストはこれ。





nice!(5) 
共通テーマ:映画