So-net無料ブログ作成

スリー・ビルボード [映画【さ行】]

7502b693816d763d.jpg


もうすぐアカデミー賞の授賞式ですね。
作品賞、脚本賞、主演女優賞、助演男優賞(2人)、作曲賞、編集賞のノミネート作品です。
脚本賞は絶対受賞しそうな今まで観たことがない展開でした。


362181_001.jpg


十代の娘をレイプされ殺された母親ミルドレッド・ヘイズ(フランシス・マークドーマンド)は7か月たっても犯人をみつけられない警察に業を煮やし、娘が殺された場所に真っ赤な看板を建てることを思いつきます。
3枚のビルボード(野外広告看板)が建ったことから始まる物語です。


場所はアメリカ・ミズーリ州。
ミルトレッドの住む狭い町では名指しをされた警察署長(ウディ・ハレルソン)はなかなかの人格者であるようです。
しかも癌を患っていて余命がわずかであることも町中の人が知っているという環境です。

署長を慕っている部下や、病気に同情している住民も多くそんな署長を名指しで攻撃するような看板を建てたミルトレッドは一夜にして町中の嫌われ者になってしまいます。


362181_004.jpg


町中の人から嫌がらせを受けながらも決して自分の主張を曲げない強い女性ミルトレッド。
事情を聴きに来た署長は犯人の手掛かりが全くない事件であったことと実は自分は癌なのだと打ち明けますが、そんなことは町中の人が知っているから関係ない、早く犯人を捕まえろと言い放ちます。


そんな彼女が被害者の母で可哀想な人かと思うと実はそうでもないのです。
ストーリーが進むと彼女と娘の関係も良好じゃなかったこと、あの日の事件を避けることもできたんじゃないかと思えるシーンも出てきます。


362181_003.jpg


署長のことを尊敬するあまりにミルトレッドや広告会社にも暴力をふるい嫌がらせを繰り返す警察官のディクソン(サム・ロックウエル)も弱いものいじめばかりの悪い奴かと思えばそうとばかりは言いきれません。


そんな中署長が病気を苦に拳銃自殺を図ってしまうことももちろん、ディクソンさえも観てる人全員の予想を裏切る行動と展開になっていくのでこれがまた面白いんです。

憎しみと愛とが渦巻き、どの人が善人で悪人なのかもなく、どんなラストへと向かうのか。

町で起こるたくさんの事件も解決される様子もなく、ラストのディクソンとミルトレッドの会話にもまた、銃規制がなかなか認められないアメリカの「自分は自分で守るしかない」という現実がみえてくる映画でした。


脚本と監督はマーティン・マクドナー監督。


ベネチア国際映画祭では脚本賞を、トロント国際映画祭では観客賞を受賞。

主演のフランシス・マークドーマンドは「ファーゴ」でオスカーに輝いている女優さんですがすごい威圧感です。
グランド・イリュ―ジョンにも出演の署長役のウディ・ハレルソンとその部下役のサム・ロックウェルが二人で助演男優賞にノミネートされていることでもこの映画の面白さが伝わってきますよね、一人なんか選べないってとこでしょう。
ぜひご覧になってください。おすすめです。





nice!(8) 
共通テーマ:映画

nice! 8