So-net無料ブログ作成
検索選択

レヴェナント 蘇えりし者 [映画【やらわ】]

poster2 (1).jpg

アメリカでは有名な実話で小説にも映画やTVドラマにもなった、ちっちゃい子でも知っているお話なのだそうです。

アメリカの西部開拓時代に生きた罠猟師、ヒュー・グラスにレオナルド・ディカプリオ。
見事アカデミー賞主演男優賞受賞です。

main_large.jpg

復讐劇ではありますが、2時間半の映画、実は過酷なサバイバルシーンがほとんどです。

1823年・アメリカの北西部、極寒の荒野で狩猟をしては毛皮を採取するハンターチームはネイティブアメリカンのある種族に襲われ、船で川を渡り逃げだします。

弓矢で攻撃され大勢の犠牲者を出し、さらに執拗に命を狙われ追われるハンターチーム。

やがて船を捨て山越えで追手を避けて逃げますが、道に詳しいガイドのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)がクマに出会い瀕死の重傷を負ってしまいます。

グラスの怪我をみて、もう長く生きられないと思った隊長のアンドリューヘンリー(ドーナル・グリーソン)は一緒に逃げるのは無理だと判断します。

グラスを死ぬまで見届け、手厚く埋葬もしてくれるなら報酬を出すと隊員に話すとグラスの息子のホーク(フォレスト・グッドラック)と若いジム・ブリッジャー(ウィル・ポールター)が一緒に残るといい、報酬金目当てでフィッツジェラルド(トム・ハーディ)が名乗りをあげます。

ハンターチームが去った後、フィッツジェラルドはまだ息があるグラスをさっさと殺して埋めようとしますがそれを止めに入った息子のホークを先に殺してしまいます。
息子が殺される様子を見ながらも身動きが出来ないグラス。
ホークを殺した後、グラスを土に生き埋めにしたフィッツジェラルドは、ブリッジャーを連れて逃げ出します。

置き去りにされたグラスは息子の復讐を誓い、土から這い出します。
やがて折れた足を引きずり這いながら極寒の地でフィッツジェラルドを追いかけはじめるのです。

sub2_large.jpg

グラスはネイティブアメリカンの妻がいましたが、息子が小さい頃に白人に殺されるというシーンが何度も回想で出てきます。現在の息子は成長していてポスターに描かれているかわいい男の子は思い出のシーンの一コマでした。

グラスはクマに喉も食い破られるのでそれからはセリフも少なめ、背中も腹も傷だらけ。
クマはCGらしいのですがクマの息がカメラにかかって白くなるというシーンがあってその細かさに驚かされます。

クマに襲われるシーンはすごく怖くてけっこう長めです。
ついでにいうと毛皮の狩猟チームなので最初っから皮を剥がれた動物たちがごろんごろん出てきますのでこういう生々しいシーンが苦手な人は要注意の映画です。

土から這い出した後は荒野で食べものを探し、追手から極寒の川に逃げたり、丸太に掴まって流されたり、血が滴る動物の生肉に食らいつき、川から取った魚をそのまま丸かじりする・・・よくディカプリオもこの仕事うけたよね、ベジタリアンなんだってね・・・と思って口が半開きになって観てしまいました。
こりゃアカデミー賞主演主演男優賞もらわないと。

sub1_large.jpg 

この映画で監督のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督は昨年の「バードマン」に続き2年連続でアカデミー賞監督賞を受賞するという偉業を達成。2年連続なんて正直びっくりでした。

でも撮影賞のエマニュエル・ルベツキはなんと3年連続の受賞ですからね、もうものすごいスタッフ揃いの映画な訳です。

ルベツキは前回は継ぎ目がないような撮影スタイルで話題になりましたが、今回は厳しい氷の大自然の風景をみせてくれます。
空の色もなんともいえないくらい美しく、1日のうちに数時間しかないマジックアワーと呼ばれる黄昏時にこだわった結果とのこと。
撮影はカナダで行われたそうですが、こだわった撮影スタイルで長引いた結果雪がなくなって、季節が反対の南米に移動して撮影が続けられたので9か月もかかったのだといいます。

そしてその自然の前には絶えず苦痛で顔が歪むディカプリオのアップです。
レオは首を絞められ、水に沈められ、ナイフで刺され、クマに食われ、体中から血を流し、口からは泡を吹いてますからもう痛そうで寒そうで。
死んだ馬の内臓をナイフで取り出してその中に入り、馬の腹から顔を出す、この寒さから身を守るシーンは夢に出てきそうなインパクトです。

坂本龍一の音楽が苦しくなるくらい追い詰められた感で迫ってきて素晴らしかったです。
でももうこんな苦しい映画は2回は観たくないなというのが正直の感想です。 

白人たちのネイティブアメリカンたちに行った非情な歴史もしっかり描かれていて胸が痛みました。★★★★

 


nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 12

キキ

makimakiさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。
by キキ (2016-05-11 20:05) 

キキ

mangaharaさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。
by キキ (2016-05-11 20:06) 

coco030705

こんばんは。
この映画観たいと思ってたんですが、流血物がけっこう平気なキキさんが2度は観たくないとおっしゃってるので、ちょっと躊躇しますね~。
by coco030705 (2016-05-13 22:06) 

のらん

ひぇぇぇ(@_@;)
レオ様のアカデミー賞は、捨て身・・・ 肉を切らせて、骨を断つ?!
馬の内臓をえぐって、中に入って暖を取る・・・ 私なら、むしろ凍死したい(^_^;

by のらん (2016-05-14 08:00) 

キキ

ネオ・アッキーさん、こんにちは。
niceをありがとうございました。
by キキ (2016-05-14 14:47) 

キキ

coco030705さん、こんにちは。
私、血しぶきとかはまったく大丈夫なんですけどこの映画とても苦しかったです。
というのもここまでしないとレオはアカデミー賞主演男優賞はいただけないのだろうか、と思ってみているものですから、主人公に同化するというより頑張れ、レオ!と親戚のおばちゃんの様な気持ちで鑑賞してしまいました。
by キキ (2016-05-14 15:00) 

キキ

のらんさん、こんにちは。
馬は予告でもやってたんですが、レオと一緒に崖から落ちます。
そして首を折って死んでしまいます。
しかしレオは死なないんです、ここでも。
彼は死んだ馬の内臓を全部出してそこで夜の寒さから身を守るのです。
レオには復讐が残ってますからね、極寒の地では死ねないのです・・・。



by キキ (2016-05-14 15:06) 

non_0101

そろそろ上映も終わりが近づいてきたようなので
重い腰を上げてチャレンジしようと思います!
感想は書けるかなあ^_^;
by non_0101 (2016-05-16 23:14) 

キキ

non_0101さん、こんにちは。
この映画だけ公開が遅かったし、重い腰はなんとなくわかります。
感想をお持ちしています。
by キキ (2016-05-19 18:43) 

キキ

palpalさん、こんにちは。
niceありがとうございました。
by キキ (2016-05-19 18:44) 

キキ

kiyokiyoさん、こんにちは。
niceありがとうございました。
by キキ (2016-05-19 18:44) 

キキ

U3さん、こんにちは。
niceありがとうございました。
by キキ (2016-05-19 18:45) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。