So-net無料ブログ作成
検索選択

インターステラー [映画【あ行】]

_.jpg

今年最初に観た、宇宙での生き残りをかけての決死のサバイバル『ゼロ・グラビティ』の世界か、はたまた1998年作の地球に衝突する小惑星を破壊するために自らを犠牲にし地球を守る『アルマゲドン』の様な展開となるのか。
クリストファー・ノーラン監督の描く地球の危機と宇宙。
宇宙空間をしっかり体験したかったのでIMAXにて鑑賞しました。
これから観る方は席は少し前の席がいいですよ。
後ろの席だと宇宙の大画面が前面に広がらないのでもったいないです。

349221_002.jpg

お話は近未来、地球は食糧危機で人類は滅亡寸前。

主人公クーパー(マシュー・マコノヒー)は過去に優秀な航空飛行士として活躍していたのですが、今は父と15歳の息子トムと10歳の娘マーフ(ジェシカ・チャステイン)と共にトウモロコシ畑を営んでいました。

そんなある日、マーフの部屋で本棚からひとりでに本が落ちるという超常現象が起きます。
幽霊の仕業か?なんて話も出るのですが、ある座標を示すその現象を調べるうちにかつての仕事仲間のブラント教授(マイケル・ケイン)と再会していくのです。

ブラント教授は大昔にとっくに解体したはずのNASAをこっそり続けていました。
そしてダメになった地球を捨てて他の銀河に新天地を見つけるという計画を密かに遂行していたのです。

教授はクーパーに第2の地球を探す旅に協力してほしいと頼みます。
でもそれはクーパーにとっては愛する家族との長い別れを意味しました。

人類を救えば愛する自分の家族を救うこととなると信じ、クーパーは激しく反対する娘マーフに「絶対に帰ってくる」と約束して宇宙船エンデュアランスで地球を後にします。

ここまでがクーパーの地球でのお話です。

349221_001.jpg

宇宙船の搭乗員はクーパーの他、教授の娘アメリア博士(アン・ハサウェイ)、物理学者のロミリー、地質学者のドイルの四名、そして人工知能ロボットTARSとCASEの二体。
教授はすでに12隻の宇宙船を打ち上げていたのでそこから3つの優秀な調査船が地球に有望だという信号を送ってきていました。
クーパー達はその3つの惑星を訪ねてそこが居住できる第2の地球となる惑星であるかを調べるのです。

ここから相対性理論に基づいていくのですが私には詳しいことはよくわからず…とにかくブラックホールが近い惑星では時間の流れが地球よりかなり速いようです。
クーパー達が最初に目指した水の惑星なんか1時間は地球の7年間になってしまうというのです。
作業がぐずぐずしてたらその間に地球が滅亡してしまいます。

そんなリスクを冒して訪ねた惑星でしたが先に着陸して信号を出していた船の残骸が見つかっただけで収穫はなかったうえ、アメリア博士のミスで大津波に飲み込まれドイル隊員が死んでしまいます。

アメリア博士はロボットのお蔭でどうにか戻れたものの、やっとステーションに戻ると数時間の間に23年の時が流れており水の星に行かずにエンデュアランスで待機していたロミリー隊員はすっかり老けこんでいました。

一方地球では成長したマーフが教授と共にNASAで働いていること、クーパーの父が亡くなっていること、息子のサムは結婚して子供が産まれていたことをビデオメッセージで知ることとなります。

349221_004.jpg

最初の星で収穫が無かった上に時間と燃料を消費してしまったクーパーが次に向かうのはマン博士(マット・デイモン)が待つ氷の星。
天才と言われるマン博士の惑星でもトラブルが続くクーパー。
果たしてマーフとの約束通り、再び会える日が来るのか。

349221_006.jpg

真剣に観てるんですけど相対性理論とかワームホールだとか5次元とか。
正直よくわかんないので置いていかれる感はあります。
使命が大切と思っても命が惜しいマン博士、家族とも会いたいと願うクーパー。
そして別の惑星にいるはずのアメリアの恋人との再会はあるのか。

349221_007.jpg

やがて宇宙と地球に離れていても、父からのメッセージを娘が解読していくという、まさにそのために選ばれた二人だったという壮大な親子愛のお話にラストは向かっていきます。
最初に戻って幼いマーフの部屋にいた幽霊は実は…という種明かし。

クーパー演じるマシュー・マコノヒーがかなり完璧なパイロット。
どんな危機を迎えても諦めないすごい男なのです。
こりゃもうトウモロコシ作っているだけじゃいられなかったはずです。

役とはいえ『ダラス・バイヤーズクラブ』でゲッソリ痩せてたのが嘘のようですが、あの信念を貫く演技があったからこの映画に抜擢されたんじゃないかしら。

アン・ハサウェイが出てたしお互い独身の役なので恋愛も絡んでくるかと思ったんですけど、残念ながれそれは無し。
ひたすら時間と空間を超えた『親子愛』の物語でした。
でかい四角の棒が4本くっついたようなロボットは仕事も出来るし冗談も心得たなかなか使える奴。
是非お家に一台欲しいロボットです。  ★★★★

 


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 8

coco030705

こんばんは。
ちょっと分かりにくそうですが、ノーラン監督なので観に行こうと思います。マシュー・マコノヒーはリンカーン弁護士が気に入ってたんだけど、この作品では優秀な男なんですね。
by coco030705 (2014-12-07 21:20) 

キキ

coco030705さん、こんにちは。
そうですね、どんな事も諦めない男って感じです。
後半マット・デイモンが出てくるんですけど意外なキャスティングでした。
by キキ (2014-12-08 00:24) 

キキ

makimakiさん、こんにちは。
niceありがとうございます。
by キキ (2014-12-08 00:25) 

non_0101

こんにちは。
まだ未見なのですけど、絶対に観ます!
少し前の方でチャレンジしたいです☆
by non_0101 (2014-12-08 12:51) 

キキ

non_0101さん、こんにちは。
時々なんだかよくわかんなくなるんですけど(>_<)
置いてかないで、って頑張って観てきました。
やや前の席でのご鑑賞をお勧めします。
私は後ろで失敗してしまいました。
by キキ (2014-12-09 22:08) 

キキ

(。・_・。)2kさん、こんにちは。
niceありがとうございます。
by キキ (2014-12-12 21:48) 

キキ

月夜のうずのしゅげさん、こんにちは。
niceありがとうございます。
by キキ (2014-12-14 11:52) 

キキ

のらんさん、こんにちは。
niceをありがとうございます。
by キキ (2014-12-14 11:53) 

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。